• Home 離婚問題は弁護士に相談

離婚問題は弁護士に相談

パートナーと離婚したいと思っている人は世の中にたくさんいます。そして、その大半が話し合いで解決する事がほとんどなのですが、中には親権問題、慰謝料の問題などで本人たちでは難しいケースも出てきます。そんなときに弁護士に相談すると良いのですが、何故弁護士に相談すると良いのかその理由を説明します。

まず、弁護士はあくまで第三者なので客観的に冷静に判断できるという事があります。本人同士は頭に血が上っているため、冷静に話し合うことが出来ないという可能性があります。また、当事者同士で離婚の話し合いをしてスムーズにいかなければ相当なストレスになってしまいます。そして、そのストレスから日常生活に多少なりとも影響が出てくるので、ストレスから解放されるためにもプロにお願いしてしっかりと解決してもらうというメリットがあります。弁護士は何も離婚の条件などを決めるだけが仕事ではありません。

当事者の間で離婚の話し合いがまとまり、無事離婚届を提出したのに財産分与の額や養育費を支払ってもらえないといった事務的なトラブルは意外と多いのです。そんなときに弁護士に間に入ってもらえば内容が明確でかつ法的に効力のある離婚協議書を作成することができるので事後のトラブルを軽減する事が出来ます。このように、弁護士は法律のプロなので離婚問題でもめれば公平かつ冷静に判断してくれるので相手が自分に不利なことばかり請求してきたときには依頼して法的に解決してもらいましょう。