• Home 調停離婚とは

調停離婚とは

そして、話し合いでも決まらない場合は次は調停離婚へと進んでいきます。様々な金銭問題が話し合いでは決まらず当事者同士の間でもめてどうしようもなくなったとき初めて調停離婚へと進んでいきます。また、調停離婚となった場合はほとんどの人が弁護士をつけるので話し合いで決まらない場合は弁護士を立てるのが一般的になるでしょう。では、調停離婚になったとき弁護士は何をしてくれるのか紹介します。

調停離婚を弁護士に依頼すると弁護士はまず申し立て手続きをすべて代行して行なってくれます。弁護士に調停離婚の相談に行くとまずは弁護士によって聞き取りがされます。そして、調停申立書を作成してくれて必要書類をそろえて管轄の家庭裁判所に申し立ててくれます。もちろん依頼者は何もする必要はありません。それが終わったら調停期日にも同行してくれて調停が行なわれている部屋にも一緒に入ってくれるので調停委員に意見を述べたりしてくれる役割もします。

基本的に調停離婚のときに弁護士に依頼すると本来は自分で行なわなければいけない事を変わりに全ておこなってくれるので手間が省けるというのが大きなメリットです。離婚はどうしても法律が関わってくるため、素人だけでは難しいため弁護士が必要になるケースがほとんどです。